FX始めかた

証券会社に口座をつくる

FXを始めるには証券会社に口座をつくる必要があります。証券会社によっては最速で翌日からトレードができるところもあります。遅い証券会社でも一週間以内には口座を開設できます。口座の開設の申し込みは証券会社のホームページから簡単にできます。基本的な個人情報を入力して免許証などの身分証明書をアップロードするか、メールに添付して送るだけで審査に入ります。無事、審査に通ると返信メールが来るので後はパスワードの記載された用紙が郵送されるのを待つだけです。
FXの口座開設で審査に落ちるケースは、日本国籍でない方か、反社会勢力の人間が大半になります。日本国籍でない方は、海外口座という選択肢もあるので是非、試してみてください。基本的に申し込み方法は世界共通です。

テクニカル分析でトレードをする

FX口座に証拠金を入れれば、すぐにでもトレードを開始できます。FXでのトレード方法は全てテクニカル分析で行う必要があります。テクニカル分析と言うのは過去の値動きを参考にし、少し先の将来を予想する分析法です。従ってチャートソフトを用意する必要があります。チャートソフトは各証券会社が用意しているので無料で手に入ります。また、世界中のトレーダーが一番多く利用しているチャートソフトもネット上で無料ダウンロードする事も可能です。
テクニカル分析には、大事な法則があります。それは全ての事象が既に価格に織り込み済みと言う考え方です。要するに経済指標やニュースはチャートに反映済みという事です。100年以上も昔から受け継がれた相場の鉄則になります。除けな事を考えずにチャートのみを使ってトレードすれば、初心者でも早い段階で利益を出せる可能性はあります。