FX口座開設

FXの口座はどれを選べば良いの?

一年中全世界規模で取引が可能な為替相場。それを比較的少ない元手で取引できてしまうFXは、副業をしたいサラリーマンや家事の合間に少し儲けたい主婦などに人気の金融取引です。
そのように手軽に手を出すことができるのがFXの大きな魅力の一つですが、実際FXを始めようとした際に関門となるのが『口座の開設』です。金融取引を行ったことが無い人などは特に、どこのFX取扱会社で口座を開設したら良いのか困ることになります。パンフレットやホームページなどを見ても一長一短であったり、どの会社も同じようなサービスに見えたりすることが多々あります。
そのような場合は、気になった会社全てで口座を開設してしまえば良いのです。口座は一般的に持っているだけではお金がかからないのが一般的なので、多数の口座を持っていようと何ら問題はありません。また口座を複数保有していれば、一つの口座が何らかの理由で取引できなくなっても、別の口座で取引ができるというメリットがあります。

口座を開設する際、何を重視すれば良い?

複数口座を保有できるとしても、やはり利便性が良い・コストが安く抑えられるといった自分なりに納得できるサービスを提供している会社でのみ口座を開きたいと考えるのが当然でしょう。そのような場合、何を判断基準として口座の開設を決めれば良いのでしょうか。
まず最初にどの程度の数の貨幣ペアが取引できるのかという点が、口座を開設する上での一つの判断材料になります。全ての口座ではドルやユーロなどのメジャーどころは取引できますが、マイナーな貨幣でも取引したいと考えている場合は取引できる貨幣ペアの数を重視するようにしましょう。
また最近では、FX取引において手数料0円という口座が多く見られるようになりました。しかし、売値と買値にスワップという差額を設けるのが一般的で、このスワップが実質的なFX取扱会社の手数料になります。自分が取引したいと思っている貨幣ペアのスワップが安い会社で口座を開いておけば、ランニングコストの増加を抑えることもできます。